BC Life With Sheeps

一人前の羊飼いと牧羊犬を目指して

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分にできること

東日本大震災からはや2週間。

自分に出来る事って、なんだろう?

義援金?復興支援?まあ、募金は買い物のおつりは少しずつはするようには心がけてるけど…。

他にないのかなって、考えながら見ていたネットのニュース。

そこで見かけたのは、スイスの救助犬チーム検疫で足止め。

まあ、海外から犬を生体で輸入するってなるとけっこう検疫がネックにはなるって聞いていたけど

緊急事態っていう状況でそのために派遣された救助犬が足止めっていうのは、どうなんだろう?

狂犬病とかのことを考えれば仕方ないのだろうか?

って、その時思ったのが国内の救助犬は検疫のことを考えなく迅速に救助に入れるのでは?ってこと。

確かに、交通機能がマヒしてしまえば無理なんだろうけどさ。

それでも、救助犬が少しでも早く多く活動できれば救助できる確率は少しは上がるんじゃないかな。

実際のとこ、日本国内で活動している救助犬ってどのくらいの数・作業能力なんだろうか?

北海道はボランティアドッグの会で認定している犬たちが嘱託っていう形(で、いいんだろうか?)

でいるけど。カテゴリは原野か雪山。瓦礫はないんだよね。(ちなみに、認定期限切れたけどソラも

原野・雪山ともに認定は受けてた。)

地震大国って言ってもいい日本には、やはり瓦礫カテゴリの救助能力も必要になるんじゃないかな?



なんかダラダラ長くなった気がするけど。今の自分にできること。

災害救助犬の育成・普及。今自分がいる道北地域では確かいない。まずは、そこから。

一歩ずつやっていこうと思う。

IMG_3213_convert_20110329231135.jpg
朝の散歩。


それと、今できることがもうひとつ。(正確にはやるべきことか?)
IMG_3227_convert_20110329231529.jpg
IMG_3237_convert_20110329231758.jpg
羊飼いとしての仕事。
経済活動を止めるわけにはいかない。しっかりと育てて、美味しく食べてもらえるように。


スポンサーサイト
  1. 2011/03/30(水) 00:16:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

プロフィール

見習い羊飼い

Author:見習い羊飼い
北海道士別市の牧場にて一人前の羊飼い&シープドッグトレーナー目指して動物たちに囲まれた生活をしてます。


BC3頭
ソラ(♂)風馬(♂)Van(♂)

羊 サフォーク 約500頭
ヤギ F1 約20頭
ポニー F1 7頭
鶏 ボリスブラウン 約110羽

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (117)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。